ISA プログラム体験記

海外派遣や、国内で学生会議に参加していただいた方々の生の声が満載です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルIW

      イスラエル

大阪支部4回生 内海 貴啓

 
 イスラエルと聞いて何を思い浮かべるだろうか?

紛争、それともテロ?ほとんど毎日メディアで取り立たされているイスラエルのイメージは「争いが絶えない国」。でも、それしか思い浮かばない。メディアを通さない生のイスラエルが知りたくて旅することにした。
 
 イスラエルは海に面しているが、気候が温暖で砂漠もある乾いた土地である。人は基本的に明るく、優しく、そして適当なまさに中東のラテン人である。町には石造りの建物が並んでいて、雰囲気もどことなくヨーロッパに似ている。そんな不思議な中東の国である。

まったくイメージと違った。

 しかしヨーロッパと違うところは、一つの国にユダヤ教、キリスト教、イスラム教が混在していているが、特にイスラム教と仲が悪く、ユダヤ教中心で物事が進められるところである。

僕は旅の道中、エルサレムでそこの警護をしていたイスラエル軍の兵士と出会った。その子たちがあまりに若く見えたので歳を聴いてみた。

「I’m 20 years old」

正直びっくりした。よく周りを見渡してみるとそのあたりにいた兵士は男も女も僕より若く見えた。

イスラエルでは高校を卒業したら、男で三年、女で1年10ヶ月の兵役があることを初めて知った。まだ育ち盛りで感受性豊かな時期。そんな時期にまさに彼らは大きな銃を背負い必死に自分の国を守っている。

僕の質問に答えてくれた二人の少年兵は、快く写真に写ってくれることに応じてくれたが、何だか彼らの目が悲しそうに見えた。自分のまわりでいつテロが起こるか恐怖感を抱いている。

「自分たちが守らないと誰がまもってくれるんだ!」

そうみんな思っている。そうした厳しい現実を高校出たての若者が背負わなくてはならないことに僕は、どうにも消化できないようなやるせなさを感じた。


イスラエルは、WWⅡ時にイギリスによって無理やり作られた。そのせいで現在もまだ、イスラエルはアラブ諸国とのわだかまりを解決できず、つい最近までレバノンに侵攻していた。

僕は今回のイスラエルの行動を正しいとは思っていない。自国民と引き換えに他国民を殺傷していいわけはない。しかし、彼らは心から自国の平穏を願っているだけなのである。この対立には正義も悪もない。だからこそ早くこの不器用すぎる両陣営を誰かがとめなければならない。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。