ISA プログラム体験記

海外派遣や、国内で学生会議に参加していただいた方々の生の声が満載です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

International Week!!

>ベルギーIW<
日程:2006年3月12日~3月18日           

☆開催地☆ Louvain-La-Neuve(フランス語圏、学生街)

☆プログラム☆
【1日目】Louvain-La-Neuveでいくつかのゲームをした。そのゲームにより一人一つのかばんをゲットし、その中にある紙に書かれてある場所へ行き、そこで会った参加者とIW期間中秘密のチームとなる。LE PIANOでウェルカムパーティー。

【2日目】ビジネス関係のお話を大学の教授から聞いた。昼から、ベルギー①きれいな場所と現地の人が言うBruggeへ一泊旅行に出かけた。ガイドさんに町を案内してもらい、夕食はレストランでムール貝・ビールを使用したビーフシチュー・スペアリブの3種から選んで食べた。

【3日目】朝は自由だったので何人かで買い物に出かけた。その後、全員でLeuvenにある最大のビール工場InBevを見学。夜はある人のフラットに集まり夕食。ビールラリーという体力あってお酒に強くないと倒れてしまいそうなゲームをし、CESECというクラブへ。

【4日目】Cartoon museum見学。次にFEBという所を訪ねて2日目と同じようなビジネスの話を聞いた。夜はそれぞれの国の料理を持ち寄り、インターナショナルディナー。お好み焼き人気♪その後、casaというクラブへ。

【5日目】European Parliament見学。Brusselsの町を案内してもらいフリータイム。夕食もBrusselsでとり、Louvain-La-Neuveに戻り、アイリッシュパブへ行った。

【6日目】スポーツセンターでロッククライミング。昼食はそれぞれ手作りサンドイッチを食べた。昼は毎日サンドイッチだった。お金の問題であって、ベルギー人はみんなそうというわけではない…それからみんなの写真をCDに集めた。夜までフリータイム。6時頃からトルコ・スロヴェニア・フィンランドのプレゼンテーションを聞いた。その後、17企業が集まる大きなパーティーに参加し、ダンスパーティーへと変わりそこでオーガナイザーとはお別れ。その後、参加者何人かで集まって朝までゲームをしてバラバラとそれぞれベルギーを発った。


☆感想☆
個人で旅行として行ったら訪れることができないような場所に行けたこと、おもしろい体験ができたことに満足です。また、他の国からの参加者と交流することでベルギー以外の国をすこしだけでも知ることができました。自分で改めて感じたし、他の参加者からも言われましたが日本はヨーロッパとはまったく違う独特な習慣や文化を持っています。IWはヨーロッパからの参加者が多いのでこのことを強く感じました。
ベルギーといえばチョコレート!ですがビールも350種類以上あり、フルーツのビールはめっちゃおすすめです♪ビール嫌いでもこの土地で変わるはず★。
Louvain-la-Neuveは本当に学生だけの町で、小さな子どもやお年寄りに会うことはありませんでした。ショッピングモールもあるし何でも揃う感じで騒ぎまくれてみんな楽しそうに生活していました。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。